いつもどおり普段着BLOG

自分がおもうままに、感じたままに、忘れないうちに

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 181日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

転んで手首を痛めたので少し休んでました。

久しぶりに練習。

とにかく基礎の復習。

バランスを崩さないように。

前かがみにならないように。

 

思ったこと

マススパーリングしたけど距離を取れなかった。

リードジャブがうまくつかえなかった。

手首が取れそうなくらい痛かった笑

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 180日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

相手の射線に入らない。

相手の前足の外に踏み込むだけでなく、前足を軸に後ろ足を引くことで射線を躱す。

サウスポーかつリーチを活かすなら上体を半身にして後ろ重心も使う。

後ろ重心でリーチを取りながら戦い、相手に届かないなと思わせたら勝ち。

入ってきたらストレートを当てるだけ。

全てのパンチを打ち抜くものでなく1:9で守備を意識したジャブを使えるようにする。

ジャブやフェイントを使い相手の反応(癖)を見る。

パーリングやブロッキングは見てからでは間に合わない。打ってくるタイミングを察知して動く。

相手の癖を使って打つ。

 

 

 

思ったこと

①射線を外す。

②意図を持ったジャブを放つ。

③相手の姿勢を崩す(前重心で踏み込ませる)

 

ボクシングって頭使うスポーツ。おもろいな。

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 179日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

肘を下げすぎない、絞る。

重心を前がかりにならないように。

基本の反復練習。

 

 

思ったこと

今日はどうしても体がブレる。

全然力が入らない。

疲れてんのかな〜。

 

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 178日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

今日は構えを絞ること、ガードを下げないことを意識。

マススパーリングも比較的意識できた。

 

でも重心が真ん中でコントロール出来てない。

自分に比べてプロ選手達はプリケツだったので、もっと背中から足まで意識を向けたい。

 

 

思ったこと

お尻と腿裏の意識で動ききれるか?

こればっかは反復練習か。

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 177日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

重心をキープするためにも体幹を意識する。

後ろ足がついてこないことで前かがみになることもあるから、後ろ足の意識をする。

 

構えるときは両手絞りコンパクトになる意識をもつ。

反復練習。反復練習。

 

 

 

思ったこと

定期的に休みをいれないと体が持たない気がするなー。

サイクリングも間にいれとこ。

 

 

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 176日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

重心を中央に置くことで動きがブレない、大きくなりすぎない、素早く動けて、疲れにくい。

とにかく足を動かして距離を保つ。

肩とかに力を入れるのではなく、腿裏から下に力を入れて頑張って動く。

 

パンチ打ったあとにガードが下がるの注意。

パンチ打ったあとに動く。相手の危険領域から出る。

 

パンチを打たれたときにのけぞるの注意。

重心を中央に保ち、動く。

打たれずに打つ。

 

 

思ったこと

足の皮がむけ続けるけど、いつおさまるのだろう。

 

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 175日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

脱力について集中的に実施。

基本的には力は入れない。入れるとしても、

みぞおちから足のつけ根と、膝から下。

 

みぞおちから足の付根で、体を支えて体勢をキープ。

頭は耳を肩より前に出すよう出すことで、首と肩に余計な力が入らないようにする。

上目遣いで見るようにすると首に力が入る。

 

ジャブは肘の角度を100度くらいにして肘を固定してノックするように打つ。トロンボーンの前手の動きに近いイメージ。

伸ばす意識をするが、戻すことは考えなくていい。

 

体の重さを感じながら脱力しつつバランス良く構える←まじむずい

両足つま先立ちで体が浮かんで行かないように、片足はしっかりべた付け。

 

 

 

思ったこと

脱力すれば今の体力でも4R戦い抜けるよって言われた。

追い込むことも大事だけど、合わせて技術的にも成長したいなと思ったね。

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 174日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

前かがみになりすぎない。

体を立てて軸のブレを最少化させることで動きに無駄をなくす。

パンチで伸ばした手の反対側は折りたたんでるわけだけど、体を開かない様に壁になるように。

 

ジャブを打つ前手をあまり動かさず肘の高さを一定にする。

予備動作を無くすことでノーモーションで打てるように意識するが、肩に力が入り過ぎない様に。

 

 

思ったこと

中指の付け根の皮がむけた。

ナックルがきちんと当たってないんだなー。反省。

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【ボクシング】30代からのボクシング日記 - 173日目

f:id:itsumodoriblog:20210128162952j:plain

強いってなんですか?

はじめに 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

振り返り

相手との距離を一定に保つように練習。

サウスポーに構え、リーチの長さを活かすために前手を使って距離を取る。
前手を伸ばすときに体重が前に行きすぎないように注意する。

 

距離に合わせてジャブを使い分ける。

僕の解釈では距離に合わせて『触るジャブ』と『相手の前手を押し込むジャブ』を使い距離をコントロールする。


距離をとるなかで相手の右ストレートを意識。

スウェーのあと左ストレート.フック、ワンツー、ジャブまで打てるように。

 

 

思ったこと

自分の距離(≒強み)で戦うことって大切。

今日も追い込めました。

 

 

 

バックナンバー

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

【英語学習】30代からの英語学習 - どう学ぶか②

前回は

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

何度か英単語を調べながら海外ドラマを見ました。

海外ドラマのストーリーを楽しみながら見ているつもりだったんですが、なんだか作業感が出てしまってあまり楽しめませんでした。

 

英語を学ぶのが楽しく感じない要因

要因としては次が考えられる。

  • 英単語の知識が少ない
  • 慣用句(イディオム)の知識が少ない

一つひとつをスマホで検索しながら見ているとかなり時間がかかってしまう。

海外ドラマで学ぶことのメリットの一つとして、
ネイティブの話すスピードに慣れることを目的としている。

今のままでは全くその恩恵は受けられているような気がしない。

 

じゃあどうっすか?

やはりネットの力は偉大である。

「Language Learning with Netflixというものがあるようだ。

海外ドラマで勉強する界隈ではめちゃくちゃ有名なもののようだ。

英語字幕に和訳が併記できる

chrome拡張機能でかんたんに導入できる。

これを使って、つぎのような感じで動画を見るようにしている。

  1. 英語音声・英語/日本語字幕で見る(ストーリーを理解)
  2. 英語音声・英語/日本語字幕(マウスオンしないと文字が出ない設定)かつ、
    再生速度はx0.75で見る。
  3. 英語音声・英語字幕で調べたことを思い出しながら見るリピーティング、シャドーイングをしながら見る。再生速度はx1.0 

これだったら結構スムーズに見れる。ガンガン見れる。

 

加えて、単語と慣用句の勉強はスマホアプリで実施しようと思う。

スキマ時間でできるように。

 

頑張ろう!

 

 

 

 

 

 

【英語学習】30代からの英語学習 - 映画「8mile」

勉強の仕方はこちら↓

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

今回は「8mile」を観てお勉強。

 

  • 調べた単語 / 表現

bunch of fucking loser クソみたいな負け犬集団

gain credit 信用を得る

She's my anchor. 彼女は私の心の支えだ.

suppose to ...することになっている

settlement check 清算 小切手

mad at ~に 腹を立てる

pregnant 妊娠した

borrow 借りる

make sure of a fact 事実を確かめる.

There's no way. そんなはずないよね。

evict ( 法律の 力で)立ち退かせる

The Government will come up with the money. 政府がその金を出すだろう.

stick to the rules 規則を守る.

You really embarrass me. あなたは私を困らせる。

flip the script 形成逆転する

 

  • 感想

高校生ぶりに見た。感じ方の違いを楽しもうと思ったけど、変わらず格好良いね。

高校生のときはラップかっけーとか、雰囲気しか楽しんでなかった。

改めて見ると、目標に対して真摯に向き合いつつも(バス内でリリック書くシーンとかサイファーでチカラ見せるシーンとか)、失敗を引きずったり環境をどこか言い訳にしたりして一歩踏み出せない感じとか心情を追いかけるようになるね。

アレックスに「あなたは大物になれるわ」って言われたり、大切なバトルで勝利したりすることで自信を得ていく。(何故かアレックスが見てるバトルは上手くいく)

後押しとか成功体験って大丈夫だよね。

 

好きなやり取り↓

ラビット「なぁソル。いつ夢を諦めればいい?地に足をつけて生きてかなきゃいけないのかな?」

ソル「まだ朝の7時半だぜ」

 

今日はおしまい 

 

 

 

所信表明↓

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

【サイクリング】走行中に音楽が聴きたい人へ(おすすめアイテム)

危険なのでやめましょう。

「東京都道路交通規則」でも次のように記述があります。

(一部抜粋)高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

東京都道路交通規則

危険運転だめよ。

 

開放型イヤホンでも大丈夫というわけではないけど

この間次の商品を買いましたー!

骨伝導ではなく、耳元にスピーカーがあるような感じ。

 

coolth style 耳をふさがない ワイヤレス bluetooth イヤホン 外の音が聞こえる 耳掛けイヤホン 骨伝導イヤホンより耳への負担が少ない ネックスピーカー式イヤホンより軽い ランニング スポーツ 防水 防塵 耳をふさがない オープンイヤーイヤホン(黒色)

 

結構使い勝手が良かったです!ランニングとかで使ってます。
使用感も軽くて、あまり耳に負担かからないのでいい感じでした。

結構おすすめです。

 

 

安全運転で!

 

 

 

 

 

 

【英語学習】30代からの英語学習 - どう学ぶか

 

前回は

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

英語学習はNetflixを活用しようと思う。

画像リンクはAmazonPrimeVideoだけど、Netflixを使う!

 

英語学習にNetflixを使う理由

Netflixを使う理由は英語字幕が使える作品が多いからだ。

英語学習に関連する色々なサイトを見て回った結果、海外ドラマを次の方法でみる。

 

  1. 英語音声・日本語字幕で見る
  2. 英語音声・英語字幕でわからない単語表現を調べながら見る
  3. 英語音声・英語字幕で調べたことを思い出しながら見る。
    リピーティング、シャドーイングをしながら見る。

 

ルールとしては、100%全部理解しなくてOK。80%理解できればOK。
リピーティングはセリフをそのままマネする。
シャドーイングはセリフを半歩遅れて口ずさむこと。

 

これをやるには、英語字幕が必要なのだ。だからNetflix

 

海外ドラマは何をみる?

1つのエピソードを3回見るわけなので、あまり長い尺の動画は見られない。

最初は好きな「SUITS」にしようかと思った。

 

でも、エピソード1つあたり40分位かな。これだと3回分で120分になってしまう。

しかも2回目は調べながらだから150分(2時間半)くらいになる。

 

流石にキツイ。1日2時間以内にしたい。

ということで「フレンズ」にした。

 1本あたり20分程度だから、2回目に調べながらでもトータル80分程度だ。

 

継続するには

あとは、継続する仕組みだけだ。

現時点ではあまり思いついてないけどいろんな方法を考えたいと思う。

とりあえずは寝る前に2時間程度、時間をつくっていこう。

 

あと、学んだことはブログに残しておこうと思う。

無理せず、楽しもう。

 

 

つづき

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

【英語学習】30代からの英語学習 - あたらしい幸せな挑戦

 

30代中盤になり挑戦機会が減っていく。

何もしなかったらそれなりに時間だけが経っていく。

 

挑戦機会って結構大事で、挑むことは生きがいだ。

毎日毎日自己新記録を作っていきたい。

劣化ではなく進化していきたい。昨日の自分が面白がってくれる自分になりたい。

 

ボクシングをはじめて、あのころの体型を取り戻した。

強くなりたいっていう原始的な目標を追いかけている。

 

サイクリングをはじめて、冒険心を満たせている。

自分の力で知らない土地へ走る。世界が広がっていく感じ。わくわくする。

 

釣りをはじめて、心の安定を得られている。

肩の力を抜いて自然に身を委ねる。リラックスできる時間だ。

 

英語をはじめよう。

お家でできる新しい挑戦だ。ガリ勉じゃなくて楽しみながらやりたい。

英語を通じて新しい世界を見に行こう。

 

幸せな挑戦をはじめよう。

 

 

つづき 

itsumodoriblog.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

優劣

10年以上前にベンチャー企業に入社したとき「自分より仕事ができる人かどうか」で人の優劣をつけてたように思う。

 

家庭環境は自分よりも学力的にもキャリア的にも優れた兄を持つ。

高校・大学受験ともに失敗した自分は学歴コンプも持っている。

やっぱり「優れたなにかになりたい」ってことだったんだろうな。

 

でも自分より仕事できる人なんて超たくさんいるんだよね。

「自分より仕事が,,,」という判断基準はあらゆる敗北を通じて

「同年代で自分より稼いでるかどうか」にスケールダウン。

 

ベンチャー企業の営業職なんて、働けば働くだけ成果が出るし、成果を出せば出せるだけ給料が上がっていく。(最初のうちは)

でも末端の営業職ってだけで、給与面で同年代よりも上がっていくのは20代中盤までだ。役職を持ったり自分で事業をやってみたり。

30代になると負けの数の方が多い。

 

戦える武器の数の少ない、ただの平凡の男だということにも気付く。

気付くと家庭環境は壊滅しているし、友人も減った。(もともといない?)

 

もう負けた。完敗。

 

これから弁護士にはなれないし、プロボクサーにもなれない。

モデルと結婚することもできないし、3億円プレーヤーになんかなれない。

諦めることを自分に対して許したらこれまでの人生が否定されると思ってた。

 

,,,,誰に?僕は誰に否定されるのを心配してたんだろう。

 

いつ死ぬかわからない。明日死ぬかもしれない。50年後かもしれない。

だとしたらその間どうやって生きてく?

 

なれもしないなにかに憧れて、現実に駄々こねて生きていきますか?

それとも自己記録を出し続けるように生きていきますか?

1センチでも進んで死のう。

 

 

競争相手は昨日の自分でいいかも。

笑いながら上機嫌で戦っていこう。

そうやって普段着で戦っていこう。